作業に集中できるBGMを探すのは案外難しいこと

音楽聴くか無音で作業するか選択できない山瀬です。こんにちは

 

相変わらず突然始まりますが、皆さんは作業中に音楽をかけますか?毎日音楽を聴きながら作業をする方もいれば、無音でないと集中できないなど人それぞれだと見受けられます。

ちなみに私は、その場の気分によります。

でもほとんど何か聴きながら作業していますね。バイト中だったら頭の中で勝手にかけますw

 

ということで、私が今まで聞いてきたBGMの数々を紹介します。

 

〇今まで作業のお供にしてきた曲のジャンル

 

・お気に入りのアニソン(ゲームBGMを含む)

アニメが好きであるということで、まず紹介したいのが、アニメソングです。

これはゲームのBGMも含みます。個人的には好きであるがゆえにアニメ関連のアップテンポな曲を聞くととてもテンション上がります。特にきつい作業の前にはこれが良いエンジンになってくれるんです。

これらの音楽を聴くときは、苦痛に思う作業に気分を高めたいときや、千羽鶴を折るなど単純作業を淡々と繰り返すときに聞きます。つまり頭を使わない作業の場合です。

 

・洋楽

これは絶対に父の影響です。よく父がrock系統の曲を車や家でガンガン聴くので、それに影響されて聞き始めました。具体的には布袋寅泰さんの曲とか後は、Enyaの曲もおすすめです。テンポの速いrockジャンルの曲を良く聞きます。これもアニソンと同じで、気分を上げたいときに聴くと良い感じに集中できます。

とは言え、外国語の歌詞であれば外国語に詳しい方、愛ゆえに歌詞の意味を知っている方は、一緒に歌ってしまう可能性もあるので、集中できないかもしれません。このような場合はあ洋楽の中でもジャズは歌詞がないので、BGMとして純粋に聞けるのではないでしょうか。

 

・自然音楽

自分的には最後の手段です

でも、自然音楽はリラックスできる

特に滝の音や川の音、など水関連は自分的には特に心地よく作業を行えた

スタバなどでパソコン作業をしている方を見たことあるのでは

ここからも分かるようにカフェでの作業は人にもよるが、作業に打ってうつけだと言える

したがって、その場所の雰囲気を演出するためにカフェで流れそうなカフェBGmを聞きながらもおすすめ

 

〇作業中のBGMはない方が良いのかどうか

上で述べていることは、あくまで自分の感覚に基づくものですが、実際にモチベーションを上げるために好きな音楽を聴くのは良しとされているようです。

 

〇実際に調べてみた結果作業中のBGMには何がうってつけなのか

とはいえ、暗記などの頭を使う作業には、かえって集中を阻害してしまう可能性もあります。したがって、時と場合によって使い分けが必要でしょう。

・作業中のBGMには合う合わないが存在する

JPOPに限らず、歌詞を知っている、好きな曲は歌ってしまうので、作業の邪魔になってしまう場合もあるのです。

ではinstrument(歌声なし)はだめなのかという方もいます。ですが、歌詞がなくなったところで、自分の部屋であれば1人カラオケ大会が始まってしまうことも予想されます。←私がそうです

音楽で集中できない方には作業中のBGMはおすすめできません。

 

・その場の状態も関わってくる

また周りが騒がしいところで作業しなければならない場合は、周りの声をシャットアウトさせるためにBGMを用いるという取り入れ方も良いのではないでしょうか。

 

〇まとめ

ここでは、作業の内容と周りの環境と自分の状態によって、聞き分けるかBGMなしで行うかを決めた方が良いという結論に至りました。

この作業中のBGMに関しては、これが正しいということはありません。自分が思い切り作業できるのであればBGMをかけて作業すればいいし、集中できないのであればBGMをかけずに休憩時間だけ聞くなどの工夫が必要でしょう。

ちなみに私は作業の妨害になると知っておきながら、音楽がないとやる気が出ないので特に好きな1曲を延々と流し続けるとかしてます。最初はノリノリですが、だんだん聴きなれてきて音楽をかけていることすら分からなくなります。

 

今は最近父と母のせいもあってハマったキャプテン翼のメドレーを聴きながら記事作成してます

 

ー完ー

個人的すぐに仕事に取り掛かる方法(在宅ワーカー編)

5月12日、最近寒かったり熱かったりで、人間をいじめに来てますね、地球様よぉ

炎天下の中、アイスを求めてスーパーに足を運びました。

しかし、歩き始めて開始10分で

「あ、帰りてぇ」

ってなった山瀬です。こんにちは

 

突然ですが、アルバイター兼在宅ワーカーである自身の悩みを打ち砕くために脳内会議を文章化していきます。まず、ここ最近の私の近況ですが、正直なんだかだらけちゃっているところがあるんですよ。

 

だから、色々策を講じてるんです。

なので今回は仕事へのスイッチを入れるまでの過程の観察日記を発表します。

これは私のように在宅での仕事でだらけてしまうとお悩みの方にも参考になるかもならないかもです。

 

話は戻して、その策というのがこちらの3つになります。↓

 

1、バイトから帰ってきて速攻パソコンのスイッチを入れる

 

私がなぜ、バイトから帰ってきてすぐに仕事に着手できないのか、

・・・・・・・・・

それは帰ってきて、そのまま一休みしてしまうことが原因だと予想しました。

ついでにipadproを見るのもいかんかった

だからバイトから帰ってきてすぐにパソコンのスイッチを入れて、意地でもやらなければならない状態にするのです。

私の場合、こちらの対策の効果はまあまあといった所

あーーーーー、文章書くのは良いけど、やはり自分が死ぬ前まで続けたいこと

絵を描きたいなと仕事中に思うようになったわけですよ。

とはいえ、仕事は仕事。やると決めたらきちんとやりますとも。

仕事中に絵を描きたいなんて言っていますが、一度スイッチが入ってライティングを始めると何文字も書いちゃいますな。その時は極端に文字数を超過してしまって、推敲にえらい時間がかかりましたw

 

2、少しだけお腹を満たす

 

集中している時に空腹なのであれば、空腹状態の方がそのまま集中しやすくなるかもしれません。これは私の体験談です。しかし、作業を始める前から空腹な場合は人間の脳が食欲に支配されているため、一概に空腹状態の方が捗るとは言えないのではないでしょうか。どうですか?

感じ方は人それぞれであること前提で展開しますが、私の場合は、少し満たしてからの方が、「さあーやろうか」ってなります。

ただ、使い方を間違えると、延々と菓子を食べる食べる状態になります

 

3、ツイッターを見ない

 

あー、一番の原因はコレ

まさにコレ

恐らく3時間ほど取られているような気がします。

つい昨日も実践したのですが、バイトから帰ってツイッター見ずにパソコンのスイッチ入れると100パーセント仕事に着手できました。

ネットに繋がってるから検索したら、アウト何ですが、検索しやすい所にツイッターを置かなければいいんです。

もともと青い鳥のマークはブックマークしてたんですが、これを気にブックマークから解除しました。

結果、一度目にしなければ気にならないものだと思いました。

しかし、たまに負けます。←ツイッター

 

私は簡単な自己紹介でも紹介したように、在宅でライターの仕事を定期的にいただいてます。仕事辞めたばっかりで、始めたころはダラけず、アルバイト4時間の後に6時間くらいずっと書き続けるくらいのファイティング精神がありました。しかし問題はその3か月後、

 

ところが、事態は変わりました。

 

文章ではなく絵を描いていたいと思うようになっていたのです。だからバイト中、蜘蛛の巣と棒で格闘しながら考えました。←遊んでません、ごく真剣に蜘蛛の巣取りをしてました。

 

今回のことで、確かに環境が原因である場合もあるんだが、自分が夢中になれることを仕事にする工夫を凝らした方が良いと気づけました。まずもって、主題とは異なる回答ですが、自分が集中して行えることである場合には上記の方法はかなり効果的なのではと思います。

以上、owari

腰が痛いから、痛くならない座り方を知ってみる

最近仕事中に腰が頻繁に腰が痛くなる山瀬です。こんにちは。

椅子が悪いのもありますが、どうやら一番の原因は私の座り方みたいですね。

 

腰を痛めないようにするためには下記の3つのポイントに気を付けると良いみたいです。

 

・太ももと床は平行になるように座ること

・椅子の背に重点的に力をかけないで座ること

・パソコン作業をする場合、画面から40センチほど間隔をとってから座ること

 

〇太ももと床は平行になるように座ること

まずこの項目が私にはできていませんでしたw

どうしても腰が痛いと椅子の奥深くに腰かけてしまって、ひざが床と平行ではなくなるんですよね。

とは言っても、椅子に深く腰掛けるのはいいことなんです。

 

これは自分でも体験してみて分かったことなんですが、ひざの曲げ方で直角を意識して座るとだいぶ楽に座れるようになりました。

実際に、椅子の座り方でも90度にして座った方がいいと紹介されているんです。

だから、今まで、足を斜めにして座っていたという方がいるのであれば、ぜひ、このひざを直角にして座ることをお勧めしたいです。

 

〇椅子の背に重点的に力をかけないで座ること

これなんですよね~

止められないんですよ。

どうしても腰が痛くなると、その痛い部分を労わるように、めっちゃ背もたれに寄っかかってしまうんです。

知る前は、この座り方は画期的な座り方だと思っていましたが、実際には腰痛を悪化させる座り方なんですこれが。

正直なところ今でもこの寄っかかる癖が抜けていないんです。

でも椅子に座るときには、深く腰掛けて、背もたれに寄っかからないようにして座った方が、私的には確かに負担が掛かっている感じはしません。

で、こちらに関しても実際に、これの方が負担なく座れるとありました。

 

〇パソコン作業をする場合、画面から40センチほど間隔をとってから座ること

私は普段、バイト以外ではパソコンの前で文章を打ったり、液晶タブレットで絵を描いたりしているので、パソコンとは切っても切れない関係です。

そんな我が家のパソコンは、デスクトップで、なんと画面がめっちゃ大きいため、腰だけではなく目も疲れます。

オフィスワークをしている方たちも日常的にパソコンを使っている場合も多く見られます。

したがって、だれしも長時間同じ体制で座っていることによる腰痛や、目の疲れは体験したことのあることではないでしょうか。

先ほどまでは腰痛を防ぐ椅子の座り方を紹介しましたが、ここでは、パソコンの適切な距離をお伝えします。

 

なるべく疲れないようにするためのパソコンと自分の距離は約40センチです。

集中するあまり、距離を詰めて画面と向き合う方もいます。←THE私です

あまりにも、近づきすぎると、目の疲れを一層早めて、これもまたストレスへと変わります。

画面との距離が近すぎることによるデメリットはこれでだけではありません。

この他にも、これが肩こりへと変わることもあるので注意が必要です。

 

という風に、自分が腰痛に悩んでいることもあり、血眼でベスト椅子ポジションを調べてみ

ました。
いまだに腰は痛いですが、休み休みしながら、仕事をしています。
そう、ポジションも大事なんですが、適度に休みを入れるのも大事なことなんですよ。
もしも、椅子の座り方がしっくりこなくて、腰痛ぎみだなって方はこのポイントを意識してみてください。
結構違いますよ!!

GAOMONの液タブ買ってみた~続編~

最近暑いのか寒いのか感覚がマヒしてきている木綿とうふです、こんにちは。

 

前回と言ってもだーいぶ前のブログになりますが、「GAOMONさんの液タブを買ったぜぇー」っていうことを紹介してたと思います。

 

 その時買った結果、私の選んだ変換ケーブルが無事繋がらず、右往左往していました。ですが、ゴールデンウイーク中に届きましたよ、新しい変換ケーブルが!!↓

 

 

 

  ということで、その後の使用感をお伝えしていきます。

 

 この液タブにした理由

仕事を辞めて正直お財布がかなりさみしい感じになっています。ですが、それと比例して、とにかくデジタル環境でイラストや漫画を極めたいという気持ちがバーニングしたため、この液タブを買うことにしました。

こちらの液タブは、外国製のものではあるものの、コスパの良い液晶タブレットになっているという評判を聞いてから気にし始めました。本当のところは画面がちゃんと映ってくれるのか、心配しまくりまつりでした。

しかし、こやつは私の期待を良い意味で裏切ってくれました。

 

ーめちゃくちゃ画面がきれいに映るー

 

という点です

ここ大事なんです

私のパソコンの壁紙はなんか、海の中の写真なのですが、

これが、例の届いたケーブルにつないだ瞬間

ぱぁーっと広がりました!!

私の今いる場所は海の中なのかってボケてしまうくらいには鮮明な画面でした

 

 

ただ、ブラウザで開いていた画面は、ホラーゲームの実況でしたので、そこからの熱の冷め具合は強烈でした・・・

とにかくめっさ、きれいですよ、この液タブの画面!!

これにすごく満足したところで、実際に使ってみた感じをご紹介します。

 

 液タブを使ってみての感想

画面はすごく褒めちぎりました。

すごく

すごく

くぅぅぅぅぅ・・・・

しかし、ペンをしばらく使っていると、

 

「あれ?」

「動かないぞ、カーソルが」

(いい調子で描いていたのに(。´・ω・)?)

 

はい、ペンが反応しなくなる事例が発生しました。

ペンとの動きの遅延は少々みられたものの、それはおそらく変換ケーブルを使っているため心配には及びませんでした。

とはいえ、ペンがたまーに(5回に一回くらい)反応しなくなって静かになっちゃうのは勘弁してほしい・・・

 

いや、液タブもきっと新居に慣れてないから緊張して、私と長時間触れ合えないのだなと悟っていまも使っています。

 

 

 

おそらく、スムーズに使えている人がいることからも分かるように、きっとパソコンとの相性にも関係してくるのでしょうね。とはいえ、液タブを買えば普通10万円台でもおかしくないところをGAOMONさんはたったの4万円で購入可です。

これを考えればめちゃくちゃコスパの良い液タブを購入できたと思いますね。

 

 

ー完ー

GAOMONの液タブ買ったんだがちょっと聞いてくれ

またまたお久しぶりの木綿豆腐でございます。

なんというか、ライティングに詰まっているため、ちょっと休憩をしにブログを訪れてみました。

 

ここで、突然ボケるわけなんですが

なぜ、ライティングが捗らないのか・・・・・・・それは

 

昨日届いた液晶タブレットがデスクトップパソコンの画面を読み込まないからッッッッッ

です。

昨日購入していたGAOMONの液タブが届きました。

 

 

うーん、変換ケーブル買ったからいけると思ったんだけどなぁ

 

ここで、てめえのパソコンのスペックはいかほどか!?という方に向けてパソコンのめっちゃ簡単なスペックを書いておきましょう。

 

富士通の一体型デスクトップパソコンFMV

・USB-typaAの差込口は4ヶ所もあるのにHDMI出力なし

ッッカァーーーーーこいつのせいだぜ(^∇^)((ビール飲んだ後の声🍺

なぜ、こんな残念なことになってるのかというと、GAOMONの液タブつなぐには、ブルーレイプレイヤーをつなぐのにも使われているHDMIケーブルの差込口が必要だからです。

それは購入する前から分かっていたため実はきちんと変換ケーブルを買っていたのですよ。

ちなみにHDMI→USBtypeCへの変換になります。

 

 

ここで、間違ってはいけません。

悪いのは私であることを

この変換ケーブル、反応はしていたんですが、どうやら自分のパソコンに合わないだけみたいでしたので、ipadをUSBtypeAでつなげていたことを思い出せなかった私がヘマをやらかした結果ですわな。

 

ということでケーブルは返品して、ただ今HDMI→USBtypeA変換のケーブルを購入中です。

 

じゃあ、結局なんでモヤモヤしてるのかというと、

このケーブルのお支払い番号メールが来ないからですよ・・・・・

きっと、私が待っていればいるほど、お支払い番号メールはあまのじゃくだからメールを返そうとしないんですね( ^ω^ )

 

 

押してダメなら引いてみろってよく言いますが、ほんと引いたときにはすんなり来るんですよね、お支払い番号通知メールが✉️

 ってことで、一旦引いてみよう。

ケーブルが来たら改めて、追記していきたいと思います。

 

それではアデュー👓

 

私の書く文章について語ってみる

このブログを書くときには毎回お久しぶりですって言っている木綿豆腐です。

 

お久しぶりです。

前回の更新はいつだったでしょうか、今年に入って絶対に更新していない自信があります。

さて、ブログを更新し続けると言っておきながら、全く更新できなかったわけです。まあ、いろいろ仕事が立て込んでいたっていうのが正直なところですが、それ以上に

 

はてなブログで改めて文章を書こうとはそん時思わなかった!!!!!

ていうのが私の中では有力です。

いや、書こうとしたことはあったんですけどね。

 
ということでね、今回は自分の文章の話をちょっくらしていきたいと思います。

自分で言うのもなんですが、ブログに書く文章と仕事で書く文章じゃ、あたりまえだけど全然違うし、ブログに書く自分の文章大好きだし、くコ:彡自分で言うのはなんだか恥ずかしいですが、仕事で書くものはほとんど固い感じの文章です。

 

それに慣れてきたのかもしれませんが、それに慣れすぎで文章が固すぎて読みたいと思えないものが出来上がってしまうことが多くなってきています。

 

私は現在それに悩んでいます。

いろいろ記事が書きやすくなるように、模索はしているんです。

例えば、構成を書くときに時間を変えてみたりとか・・・

なんですが、そううまくもいかないもので、結局そのいつものテンプレートにそってでしか書けなくなっているんです。

 

うぁぁぁぁぁっぁぁぁっぁぁl------ってなってます。

今床にごろごろしてます_(:3」∠)_

 

ブログが毎日書けない分、ツイッターでいろいろ呟いているので、なんとか元気です。

 

でも本質的な文章の書き方についてはないも解決してないままですね。

 

どうしよう・・・・・

・・・・・・・・

 

あ、そうだ、

「下書きまではいつもブログで書いているような調子で自由に書けばいいのでは」

私はすぐさまGooglekeepにメモを始めました。

実際にやってみたのですが、まさに、至高・・・

 

文章で息詰まるのは内容を考えるとき以外は止まりにくくなりました!!!

 

もちろん、ブログ調で書いたからと言って必ず、スムーズに書けるというわけではありません。

このことと共に見つけ出した、そのテーマになるまでに読者はどんなことを検索キーワードとして入力するかの妄想力も必要になってきます。

 

と、いつの間にかこんな文字数になりましたね。

久しぶりに書くととても楽しいですね

楽しい(∩´∀`)∩

 

私の場合だと文章の方のブログは、たまに書くくらいがちょうどいいのかもね

 

ん?

文章の方のブログはて?

それ以外はどんなブログがあるのかね?

っと疑問に思いましたか?

以前私はイラストや漫画を描くのも好きだと言いました。

その後、私はイラスト関係の仕事をする方法がないかたくさん調べてみました。

するとこんなものを見つけました。

というのが、

 

「広告漫画」

でして、正直とっても挑戦してみたいと思うのです。

私はとにかく絵が描きたいんですよ、どんなものでもいい

絵を描きたいんだぁぁぁぁぁぁぁっぁぁl

 

ってことで、もっと漫画に慣れるため、たまに、もしかしたら毎日?

漫画でブログを描いてみようと思っています。

 

文章ももっと極めたいし、もちろん絵の方だって上達させたい。

だからきちんと仕事をこなしつつ、自分の漫画も描きつつ色々やっていこうと思います。

 

最後に自分で書いててこのブログは構成もクソもありませんが、今の状態の自分を残しておきたいので、これはこういうものとして見てもらえれば幸いです。

 

あ~とりあえず絵を描きたい( ˘ω˘ )

 

 

 

自分の中でやらなきゃって思う事が趣味だと気づいた話

        今日は前に書きためていたブログ記事を上げていきたいと思います!

  だいぶ前のではあるので、かなり昨日アップした記事と前後しています('ω')

  間違っても、ただGoogleドキュメントの整理したいとかではないんで、ご容赦してください。

 

  

  

乗っけから悩む木綿豆腐です。お疲れ様です。

 

今日は日曜日ってことで、アルバイトもなく、今日はライターの仕事もお休みってことにしてます。

こういう、後には何も予定のない日の朝はお布団の中で自分の深層心理的な何かに思いを馳せる事が多いわけです。

 

ここでは↑を自分会議と名付けてみます

ツイッターにたくさん呟いたんですけど長すぎたんでこっちに記録して置こうかと思ってブログに手をつけた次第です

 

・今日の議題

 

今のwebライターという仕事の向き合い方について

 

私は9月に仕事を辞めて在宅で出来る仕事として選んだのがwebライターでした。元々は国語が苦手だったのにライターという仕事に挑戦し始めました。仕事を受ける前の私だったら、国語力ないし、やっぱ辞めるわって辞めちゃってたのではないかと思います。

でも、実際納品までしてみて、「なんだこのやりがいのある仕事は」と気づきました。文章を書くことが別に好きなわけでもなく、むしろ絵を描きたいと思ってた位なんです本当は。



でも、大体20記事目を執筆するころでしょうか、なんでか他の何をやってても、「書かなきゃ」って思うようになってました。これを朝お布団の中で気づいて色々考えてみたんですが、私はこれに似た思いをすでに感じていました。

 

それが、「絵を描くこと」です。

 

女子高生時代、毎日の日課と友達から言われる程描いていたのがイラストの顔の練習でした。授業で使った裏が白い裏紙を見つけては授業の間の休憩中とか授業中もこっそり描いてました。

その時描いてて楽しかったかと聞かれると、今も、その頃も楽しくはないと答えてたと思います。

 

これを考察すると趣味と好きなこと少なくとも自分は合致しないのではという結論に至りました。

 

ここで加えたいのが、最近ハマっている、A3というスマホゲームになります。多くの人が、ただ好きだから、したいからするんだと思います。しかし、私の場合は若干、いや、大幅にずれているようですね。

 

このゲームは、イケメン舞台俳優を育てて仲良くなるのを見守るゲームなんですが、これに対しても同じようにログインしなきゃ、育てねばって気持ちになります。

 

これら全部をひっくるめると、やっぱり自分の中でやらなきゃて使命感のあるものは趣味なのだと今日お布団の中で気づいたという結論に至ります。もしかしたら好きなこと=使命感を抱く事柄だという可能性もなきにしもあらずって感じで自分を考察してみました。

 

私自身、なんでも考えてしまうタイプなので、考えていることが実際にその時している事柄に影響します。例えば、病気でもないのに、気持ち悪いって思い込んだだけで、本当に吐いちゃうとかw

考え方次第で、ハイになったり、ダウンしちゃったりだなって、改めて思います。だからこそ、なるべく良い所をたくさん見つけて、妄想力もためながらライター人生を生きてみようと思います。

 

ということで、元々自分にとって夢中になれるのは、絵を描くことだけだと思ってましたが、仕事である文章を書くことにも熱くなれるんだと嬉しくなったよという話でした。

 

何で、自分の深層心理的なものを文字にしようとすると変な文章になるんでしょうねw

 

終わり